犬塚歯科医院|長崎市岩見町・富士見町・城山町・宝栄町の歯医者さん|子連れ

インプラント

  • HOME »
  • インプラント

インプラント について

インプラントとは、失った歯の部分にチタン製の小さな人工歯根を埋め込んでしっかり固定した後、人工の歯を装着する治療の事を言います。入れ歯や、ブリッジと呼ばれる治療と大きく異なり、ぐらぐらしたり強く噛めないなどの欠点を克服した新しい治療法です。

インプラントのメリット

噛むことのできる喜び
しっかりと歯槽骨に固定されていますので、ぐらぐらすることがなく本来の自分の歯と同じようにしっかり噛むことができます。

健康な歯はそのままに
入れ歯やブリッジと異なり、他の健康な歯を傷めたり削る事がありません。また他の歯への負担もありませんので、本来の噛み合わせを維持する事ができます。

審美面での自信
インプラントは機能も然る事ながら、審美面においてもその他の治療に比べて大変優れています。口元のコンプレックスも、これからは満面の笑顔に変わることでしょう。

インプラントの治療例

前歯を1本失った場合
従来の治療法(ブリッジ)は欠損した両側の健康な歯を削る必要がありましたが、インプラントであれば健康な歯を削ることなく天然の歯と区別がつかない歯並びを再現する事ができます。

gu1_1

インプラント治療の流れ

1.事前検査
インプラント治療を始める前には、慎重な事前検査が必要になります。レントゲン撮影・CTスキャン・口腔内模型検査などによる十分な検査を行い、綿密な治療計画を立てます。患者様の同意を得てから手術の日程を決めます。

2.治療開始
お口の中が清潔で炎症のない状態であることが確認したうえで、治療を開始します。
局部麻酔を行ったあと、顎の骨にインプラントを埋め込みます。このインプラントが新しい歯の土台となります。手術後は、インプラントと骨が結合するまで待ちます。様々な条件によって期間が異なりますが、2ヶ月~半年が目安となります。

3.人工歯の装着
インプラントが顎の骨と結合したら、インプラントの上にアバットメントを連結して人工の歯(上部構造)を装着する準備をします。

4.人工の歯(上部構造)を装着
インプラントのヘッドに人工の歯(上部構造)を装着します。これでインプラントを装着する治療が終わります。

5.メンテナンス(検診)
インプラントを装着した後、インプラントを長持ちさせるため、メンテナンス(検診)に定期的に通っていただく必要がありま す。インプラントのネジの締まり具合を点検したり、噛み合わせの調整も必要になります。また、インプラントはむし歯にはなりませんが、メンテナンスを十分 に行わないと歯周病にかかることがあります。

 

 

お気軽にお問い合わせください

toiawase

※予約の方優先ですが、予約なしでも拝見いたしますので、我慢せずにいらしてください。

お気軽にお問合せください。 TEL 095-861-7860 午前:09:00~12:30 午後:14:00~18:00

PAGETOP
Copyright © 犬塚歯科医院 All Rights Reserved.